日々のこと

おやっさんメガネと、私。

こんばんは。
ワークショッププランナーのサトユミ(yumikosato_)です。

突然ですが、めがね選びってムチャクチャ難しくないですか?

私の中の、自分に似合うものわからないアイテムトップ2が「めがね」と「帽子」。
帽子は日差し避けとか明らかに実用的なものはいいのですが、
「お洒落で被る帽子」が、恥ずかくて苦手なんですよねぇ…

 

帽子とめがねの共通点

「めがね」と「帽子」。

この2つの共通の苦手なことが、試着

自分に合っているのかわからないものを試着している姿を、
鏡で見てる姿を店員さんに見られる訳ですよ。

絶対、内心『あ〜あ、せっかくカッコいいデザインなのに、ダッサイかぶり方。デザイナーが可哀相~。ぷぷぷwww』とか心の中で笑われてると思うと
足がすくみます…。

だいぶ帽子(ハットとか恥ずかしすぎて間違っても言えない)を被れるようになってきたものの、未だに試着して鏡見るときは汗だくになります、冷や汗で。涙

 

おやっさんめがねと、私

そんな私なので、過去には、めがねにまつわる失敗談が。
今から遡ること、ン年前。
まだ、お手頃価格のお洒落めがね屋さんが存在してなかった時代です。


めがねを買いに行った私は、数あるめがねから何を選んでいいかわからず、
沢山のめがねの冷や汗をかきながら大量の試着を繰り返し、
最終的には意識が朦朧とする中、手に取っためがねを購入。
そんな思いをして買っためがねをそれなりに大切に使っていましたが、
ある時、職場にめがねを置き忘れてしまいます。


翌日出社すると、何ということでしょう!
「これ、君の?」
「違う?君の??」
「じゃあ、君の?」

と、持ち主をら探すために
社内中のおやっさんからおやっさんに、
私のめがねが渡り歩いた
と言うではありませんか!!!


確かに、当時してためがねは、フレーム無しで柄がシルバーの「The☆おやっさんめがね」。
これが女子のものとは思わないよな…

極め付けは、手元にめがねが戻ってきた時に言われた、おやっさんの一言。


「素敵な“めがね”だね♡」


………。


ダメじゃーーーーんっっっ!!!!


おやっさんが見て「素敵なめがね」は、
ダメじゃーーーーんっっっ!!!!


当時は女子全盛期だったので、少なからず凹みました……。

そんなワタクシ、最近、ZOFFでめがねを新調しました。
今回も冷や汗ものでしたが、店員さんが可愛いめがね女子だったこともあり
勇気を出して「どんなのを選べばいいですか?」と聞くことができ、
何と!一緒に選んでもらうことができました!!

いつもなら選んでる最中に話しかけられても、怖くてダッシュで逃げてたのに
成長したなぁ、じぶん。

めがねと私
↑ 先日勉強ラウンジで開催した撮影会で撮ってもらっためがね姿w。次回3月25日開催です。

 

年に1度はメンテナンスを心がけよう

店員さんと交流をとれたことで、お手入れについても教えてもらいました。

1度作っためがねも、時間が経つと度数があわなくなってきたり、レンズに傷がついたり、フレームが歪んでしまうことがあります。

そんな時は、レンズだけ、フレームだけ変えることもできるそうなので、これからは定期的なメンテナンスを心がけて、大切にしていこうと思います。因みに、ZOFFでは購入した店舗以外でも受付てくれるようですよ。

[amazonjs asin=”B00120HXCU” locale=”JP” title=”めがね(3枚組) DVD”]
そういえば、「めがね」は好きな映画のひとつです。久しぶりに見てみようかなぁ。

ABOUT ME
さとゆみ@ベンチャー専任フリーランス
数年前に原因不明の大病を疑われたのを機に今後の生き方・暮らし・働き方を見直し、会社員歴15年以上にピリオドを打つ事を決意。 昨年末、ベンチャー企業の「猫の手」としてベンチャー専任フリーランスとして独立。 5年後に東京⇔軽井沢の2拠点生活が目標。ときどきワークショップ/珈琲ユニットKAFE TRIO