セカンドキャリア

8月20日は、これからの生き方・暮らし・はたらき方をじっくり考えるの日。

自分らしい生き方・暮らし・働き方を絶賛実験中のさとゆみです。
(Facebookは知人のみ承認しているため、よろしければフォローで応援お願いします!)

3年前から8月20日は、私にとって「これからの生き方・暮らし・働き方」を、じっくり考える日になりました。今回は、今まで当たり前だった企業に属して働くこと(会社員・契約社員・派遣社員)とは違う選択肢を考えはじめたきっかけを書いてみようと思います。

 

ある日、想像もしなかった出来事に遭遇

当時、ちょっとした見た目の変化を感じて近所の病院に診察に行きました。軽く薬を出してもらうつもりでいたのですが、待っていたのは複数の検査と神妙な面持ちの女医さんの「大きな病院を紹介します」の言葉。

何の痛みもなかったのでまるで自覚もなく「何の病気の可能性か」と聞いても、「うち(の病院)ではわからない。」と言われ、紹介状を書いてもらうことに。

紹介されたのは新宿の大きな大学病院だったので、そこで検査すればハッキリするだろうと安易に考えていた思いは、すぐに診察した医師の部屋の奥から聞こえた「何だコレは!!???」とビックリした声にかき消されます。

どうやら相当珍しい症例だったらしく、その後、MRIを撮ってもわからりませんでした。

手術後の検査をして、はじめて結果がわかるという事だったので、それまで怪我や病気での入院もなく、風邪すらほとんど引かない健康に無頓着でいられた私にとって「原因不明の大病の可能性がある」「悪性の場合、それなりの覚悟が必要」と言わた検査結果が出るまでの3ヶ月間は、生きた心地がしませんでした。

 

幸い信頼する先生に恵まれ、術後の回復も早く、1カ月もすると何もなかったように元の生活に戻ることができましたが、今までの生き方・暮らし・働き方を考えるには十分な時間で、その間、私は繰り返しこんな事を自分に問いかけていました。

もしも長い入院生活を強いられることになったら、退院後、私は今までと同じ暮らしを選ぶだろうか?少し休んだ後に会社に復帰して、今までと同じように働き、平日の疲れをリフレッシュするための週末をおくりたいと思うんだろうか?

現代の日本の医療に対する信頼が絶対的に存在していたので、私の意識は「入院生活の後の退院後にどうしたいか?」にフォーカスしていました。

 

その時、心の奥から湧いてきた事

その時に、考えたこと。と言うより、心の奥底から湧いてきたことは、自然の近くで暮らしたいというシンプルな思いでした。そうしないと、本当の意味で心身ともに癒されない気がしていました。検査結果で、無事何もなかったことがわかったら、すぐにこれからの生き方を見直して、軌道修正しようと考えたことを覚えています。

病気になると、今まで当たり前だった会社に出社して働く事ができない思い知ったし、もし自然の近くで過ごすなら都内のように仕事が選べないだろうから、「家でできる仕事をなるべく増やそう」と漠然と思いました。そして「家から1時間圏内の会社で働く今までの当たり前の生活」以外の道を、今も模索し続けています。

今年も迎えた8月20日。
自分の中の「今あること」「これからしたいこと事」をひとつずつ、心と身体に問いかけながら過ごします。

ABOUT ME
さとゆみ@ベンチャー専任フリーランス
数年前に原因不明の大病を疑われたのを機に今後の生き方・暮らし・働き方を見直し、会社員歴15年以上にピリオドを打つ事を決意。 昨年末、ベンチャー企業の「猫の手」としてベンチャー専任フリーランスとして独立。 5年後に東京⇔軽井沢の2拠点生活が目標。ときどきワークショップ/珈琲ユニットKAFE TRIO