片づけ・整理

モノの適量を知ることは、自分自身を知ることでもある。

こんにちは。
片付け好きが高じてセリアに通い続けて

さとゆみ
さとゆみ
あれ?もしや私、シフトに入ってる? 

と、危うく勘違いしそうな勢いの@さとゆみ(yumikosato_)です。

● * ● * ●

皆さん、自分にとって適正な持ち物の量って、知ってますか?

悩みちう
悩みちう
適切な量って急に言われても、ピンとこないわよねえ?

と、お思いの奥さん!
では、こう聞かれたら、どうですか?

自分が把握できる量
自分が管理できる量

私は、この2つがクリアできる量が自分にとっての適正量だと思っています。

● * ● * ●

最近はこだわりのインテリアや、綺麗に整理整頓された収納、反対にごく限られたモノで暮らす工夫を凝らした身近な人の投稿を、SNSで見ることができます。
私はインスタで#整理整頓、#シンプルライフなどのハッシュタグをフォローして、リラックスして見るのが好きです。

素敵な投稿写真に憧れて同じ収納グッズを買って真似してみても、いつの間にかまた散らかってしまうという人がいたら、それは自分のあこがれと自分のタイプが一致してないからかもしれません。そこで、今日は私が片付けをする上で大きな影響を受けた、違うタイプの2人の話をします。

厳選した少しのモノを持つKさん、多くのモノをこよなく愛すHさん


厳選した少しのモノを持つミニマリスト、Kさん

元スタイリストのKさんは、今で言うミニマリストだったのかもしれません。自分のこだわりの家具を厳選した暮らしをして、身につけるのは、黒をベースに自分に似合う服を少しだけ持って着回していました。

Kさんが凄いのは、黒を貴重とした少ない服が全て着回しができて、黒でも重くならずにお洒落なこと。私はKさんのコーディネートが大好きで、彼女のコーディネートを絵に描きとめながら、参考にしていた気がします。

(今思うと失礼な気がしなくもないですが、それだけ好きだったというとこでお許しを!)

 

多くのモノをこよなく愛する、Hさん

いつもスーツ姿で隙の無い着こなしのHさん。彼女の家に遊びに行った時に受けた衝撃は、今でも忘れることができません。

服が好きだというHさんのの大きなクローゼット一面にズラリと並ぶスーツは、ジャケットとスカートが全て裏返されてハンガーにセットされ、等間隔で並んでいたんです。さらに、少し糸が出てしまっ服は分けられていて、きちんとメンテナンスが終わってから着るという流れができていました。

さとゆみ
さとゆみ
し、衝撃なんですけどっ…!!!

 

服だけではありません。
沢山収集された美しい食器も、大きさ別に美しく並べられていました。

さとゆみ
さとゆみ
し、衝撃なんですけどっ…!!!

 

その時、私は悟りました。モノを持つ量は少なくても多くても自分が管理できる量を把握することこそが大切なんだと。モノが多くても、きちんと把握してメンテナンスができるHさんは、物を多く持つ資格のある人だったんです。

持ってる服の数が少ないクセに、とれそうなボタンを見て見ぬ振りする私とは大違いです。同じ人間なのに、残念すぎる…。( TДT)

まとめます。

自分にとってのモノの適量 = 自分が把握・管理できる量

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければ、Twitterでも応援していただけると嬉しいです。

 

ABOUT ME
さとゆみ@ベンチャー専任フリーランス
数年前に原因不明の大病を疑われたのを機に今後の生き方・暮らし・働き方を見直し、会社員歴15年以上にピリオドを打つ事を決意。 昨年末、ベンチャー企業の「猫の手」としてベンチャー専任フリーランスとして独立。 5年後に東京⇔軽井沢の2拠点生活が目標。ときどきワークショップ/珈琲ユニットKAFE TRIO