はたらき方

【フリーランスの定点観測】さとゆみ編

こんにちは。フリーランスになって早1年@さとゆみ(yumikosato_)です。

早いもので、昨年の10月末に個人事業主として開業届けを出してから1年経ちました。今でもそうですが、フリーランスに成り立ての当初は特に自分の仕事のリズムが中々とれずに苦戦しました。

会社員時代って、ある意味、通勤という儀式によって仕事モードへ強制的にスイッチを切替えられたと思うんですよね。決まった時間に起床して、決まった時間に電車に乗って1時間ほどすると目も頭も覚めてきて、出社してPCを立ち上げる頃には仕事モードに切り替わっていたと思うんです。

さとゆみ
さとゆみ
フリーランスだと、そうもいかないよね

起きる時間も、仕事をする場所も、時間も、全て自由。そんな中で自分の仕事のリズムをつかむまで、だいぶ時間がかかりました。仕事する場所(カフェ)を色々変えたり、「集中力のつけ方」なんて本を読みあさったり。


そもそもフリーランスの人達って、どんな風に1日を過ごしているんだろう?

そう思って周りのフリーランスの先輩に会う度に「どこで仕事をしてるの?」「仕事モードにどうやって切替えてる?」「フリーランスになったきかっけは?」なんて事を聞きまくってたんですね。そしたら返ってきた応えが想像以上にバリエーションに富んでいて、面白かった。

参考までに他の人がどんな工夫をしているのか聞きたい!からはじまったはずが、好奇心が湧いてきてアレも!コレも!と聞きたい内容が膨らむ膨らむ。笑

で、こういうのって、みんな知りたいと思うんですよ。業種が同じでもライフスタイルや契約形態も違えば、集中できる環境も人それぞれだし、フリーランスに限らず複業・パラレルキャリアの人達にもインタビューして記事にできたら面白そう!!!

と勝手に盛り上がってきたので、まずはテストケースvol.0(ゼロ)として、自分のことを書こうと思います。

case.0_平日週1日は出社、週2日はリモートワーク

 

さとゆみ
さとゆみ
今年10月から週1日だけ出社、週2~3日リモートワークになりました。

1年半程前に週3~4日はオフィスに出社、1日はリモートワークというスタイルからスタートして、今月からリモートワークの割合が増えました。家で食事をする回数が圧倒的に増えたので「ごはん何食べよう?」と考える回数が激増しました・・・。

さとゆみ
さとゆみ
仕事に集中せな・・・

 

フリーランスになったきっかけ

 

さとゆみ
さとゆみ
新規事業って、いつも人手不足のイメージです

ベンチャー企業勤務時代の知人に「手伝って」と声をかけられて、自然の成り行きでフリーランスになりました。フリーランスになるつもりではいましたが、デザイナーとかライターでの独立をイメージしていたので、過去の経験をそのまま生かして独立するとは思いませんでした。何事も無駄にはならないものですね。


ある1日の時間割(リモートワークの日)

 

10時~12時:仕事①
部屋に仕事用出来る環境が無いので、カフェに行ってスイッチ切替えます。

12時~13時:ランチ
お腹が空くと能率が下がるので、カフェか自宅に戻ってランチ。

13時~1時:仕事②③
その時の仕事内容によって、流動的。自宅へ戻りながら、スーパーでお買い物。

19時~20時:夜ごはん
お昼同様、お腹が空くと能率が下がるので、夜ごはんも早めにいただきます。

20時以降:フリータイム
TV見たり、ipadでyoutubeや動画を見て、まったり過ごします。

0時:就寝
睡眠たっぷりとりたい派なので23:30には布団に入って、その日のうちに就寝。

今はメインの仕事が、仕事先の企業の就業時間と合わせているので、比較的規則正しい生活ができています。時間が完全フリーになっても、この生活リズムは守りたい。

かばんの中身

ノートPC・Pocket WiFi・マウスは必須。

PCの他に、すぐ取り出したいものはショルダーバッグにまとめてます。くまのポーチにペンと右にある黒いノート(ダイスキン)を入れてます。仕事行くときもこんな感じ。

現在の満足度・今後の目標

満足度で言うと、まだ50~60%。早く都内を離れて海を見ながら、緑に囲まれながら仕事できるようになりたい・・・。

さとゆみ
さとゆみ
まだまだ頑張らな・・・


最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければ、Twitterでも応援していただけると嬉しいです。

ABOUT ME
さとゆみ@ベンチャー専任フリーランス
数年前に原因不明の大病を疑われたのを機に今後の生き方・暮らし・働き方を見直し、会社員歴15年以上にピリオドを打つ事を決意。 昨年末、ベンチャー企業の「猫の手」としてベンチャー専任フリーランスとして独立。 5年後に東京⇔軽井沢の2拠点生活が目標。ときどきワークショップ/珈琲ユニットKAFE TRIO