はたらき方

準備万端とか思わずにサッサと自分の作品を世に出しちゃった方がいい理由

はじめて人前に作品を披露する時。
何かの活動をはじめる時。
せっかくのスタートだから、自分が納得したモノに仕上げてから世に出したい。
その気持ち、わかります。とっても。
クリエーターの方なら、とことんこだわっていいと思うし。
でも、たまに見かけるんです。
いつまでも準備してる人。

そもそも、準備万端の “ 万端 ” って、どこなんでしょうね?
それって自分のこだわりの中にだけ存在する訳で、
準備万端!!いざ世に出してみたら、
お客さまが求めてるモノと全然ズレてた~。なんてことも、ありますから。

そこで提案です。
とりあえず、6割程整ったら、世に出しちゃいましょう。
世に出して、反応を見る。その反応や反響、意見を取り入れながら、仕上げていく。
走りながら、変化しながら、完成に近づけていけばいいんです。

お客さまのニーズをヒアリングながら商品開発をするわけだから、
小難しいマーケティングの本とか読むよりも、全然手っ取り早いんですw

自分の中のこだわりは程々に、
何を求められているかを知って
サッサと自分の作品づくりや、活動に専念しちゃいましょう。

ABOUT ME
さとゆみ@ベンチャー専任フリーランス
数年前に原因不明の大病を疑われたのを機に今後の生き方・暮らし・働き方を見直し、会社員歴15年以上にピリオドを打つ事を決意。 昨年末、ベンチャー企業の「猫の手」としてベンチャー専任フリーランスとして独立。 5年後に東京⇔軽井沢の2拠点生活が目標。ときどきワークショップ/珈琲ユニットKAFE TRIO