はたらき方

何歳まで働く? じぶんの定年を設定したら見えてきた事。

こんばんは。ポッキーの日生まれの
ワークショッププランナーのサトウユミコです。

突然ですが、今までの私の人生は、
今この瞬間を精一杯生きるがテーマと言っても過言ではありませんでした。(;´Д`)

と言えばカッコいいですが、目の前のことに追われて日々が過ぎていくってやつです。
勿論、その時々でやりたい事や、目標を持ってはいましたが、ちょうど今回の誕生日は、
FP(ファイナンシャルプランナー)の方に平均寿命までのライフプランを相談している事もあり、
「今後の未来をどう生きていきたいか」なる事をマジメに考えてたりしています。

ところで皆さん、計画的に生きるには目標が必要なんだろうなって思っていても、
「今後の未来をどうしていきたいか?」って、漠然としすぎて、捉えずらくないですか?


まず、自分の中の定年を設定してみると・・・

ライフプランを作っていく中で、必然的にあと何年(何歳まで)働くか設定しました。
ちなみに60歳にしてみました。何か、それ以上働いているイメージができなかったもので…(^^;
そうすると今まで意識してなかったんですが、あと何年働くかがクッキリしてきます。

60歳の時に働いている私は、どこか暖かい地方で暮らしいて、
完全に家で仕事をしているイメージです。
そこから遡って、何歳で引越しをする(そこで引越し資金が大きく発生する)とか、
引越しをする時には、完全に在宅で仕事ができる環境が整っている状態だから、
向こう数年までその環境を整えるために、
働き方を模索する必要があるとか(これは今も変わらずだけど)
そんな事がパタパタっと決まっていきました。

「将来的に地方で暮らしたい」とう思いは漠然とありましたが、
いつまで働くか決める事で、定年以降に東京に暮らすのは無理と言う
超現実的・必然的理由があぶり出されました。

 

定年から遡ると、ライフプランが見えやすい

“自分の定年”を設定してからは、具体的にイメージできるので
「それまでどうしたいか」もどんどん沸いてきます。

東京を出たことのない私がいきなり地方移住とかハードル高いから、
少しずつ旅をしながら町の調査を兼ねて旅行したいな、とか
最初は数日だろうけど、ゆくゆくは気に入った町に1ヶ月位のショートステイをしたいな、とか。

そんなこんなで、これからの働き方を模索するのは今までと変わりませんが、
「何故そうする必要があるのか」というい理由が、またひとつハッキリしました。

これから(未来)の計画の突破口を見出したい人は、
自分の中の定年を設定してみるといいかもしれません。

ABOUT ME
アバター
さとゆみ@ベンチャー専任フリーランス
企画・制作の経験を経て、ベンチャー企業で貸し会議室、レンタルオフィス、レンタルボックス、コワーキングスペース、パーティー会場等の立上げ・マネジメント、ワークショップの企画・開催等を10年程携わった後、退職。 これからは多拠点生活でも成り立つ働き方をしたいと思い、2017年末に独立。5年後に東京⇔軽井沢の2拠点生活が目標。 得意技はカオスな環境の中で突き進む事。ヒト・モノ・コトを整理・整頓すること。趣味の『片付け』は、頭と心をクリアにすることを担っている。今後は、成し遂げたい想いのある人をサポートするコンテンツプランナーとして活動予定。