はたらき方

価値は相手が決めるもの。もっと自分を出して、世の中に自分の価値を決めてもらった方がいい

こんにちは。
五反田勉強ラウンジ担当のサトユミです。

最近、考え事をしたり答えを探し求めていると、まるでイタコのように会う人会う人の口からドンピシャなアドバイスやヒントが降りてきて、メモどこっ!メモッ!!となることが増えてます。

今回のブログタイトルも、そのひとつ。仕事の問題地図 ~「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方が好評の沢渡あまねさんが、勉強ラウンジに来てくださった時にサラッと仰った言葉。前回のブログで書いたことに気づく前、自分の中心であること(ある意味、強み。ある意味、生きることそのもの)を考えすぎて疲れてしまっている時に、ふいに耳に入ってきて、先のメモどこっ!メモッ!!状態に、なる。

すみません。あまりにも素晴らしい言葉すぎて、ブログのタイトルをそのまま拝借しちゃいました。笑

 

誰でも「自覚のある強み」と「自覚のない強み」が存在する

自分はこんなことできますよ。
こんな事も、得意です。

それは、自覚のある強み。自覚があるから、きっと仕事では商品メニューになったり、人に話したりSNSで発信してたりする。

でも自分では当たり前にでき過ぎて「え?こんなことでいいの?」と思うような、自覚のない強みは、表に出ていないから、まだまだ可能性が潜んでいるかもしれない。

何でもいいんです。
「人の話を聞くのが得意で、気づいたら結構な人数の相談にのってきた」とか
「何の情報もなくフラッと入るお店は、外したことがない」とかでも。

知人に「ブログを10年続けてるんだけど」とか、「絵日記を16年続けてる」とか、スゴイことを何て事ないようにサラッと言う人がいました。一瞬、10という数字がすご過ぎて入ってこず、6年も!!とか驚いたら、まさかの16年という…。

実は私も、最近「え?これのどこが?」と思うことに反響があってビックリしたばかりです。それが、こちら。

え2

デザイン学校を卒業した私としては「絵はちゃんと描くもの」と思っていたので、こんないたずら書きレベルのものを人様に見せちゃいますよ~。とうノリでFacebookにアップしたところ「もっと見たい」「ラクガキなのが逆にいい」とか褒め上手な方から反響があり、しばらく有頂天になりました。

自分では気づかなかった自分の中の新しい可能性に気づいた時って、なんか、こそばゆい。
(なんせ自分では大したことないって思ってるから。)

でもそれがきっかけで、楽しい企みが加速したり出会いがあったりするかもしれない。時には仕事に繋がることが、あるかもしれない。

もしかしたら、今は当たり前になっていることも思い返してみると、頑張って頑張って何とか形になったんじゃなくて「あの時、ふと思いついちゃったこと」がきっかけになってるなんてことも、あるんじゃないかなぁ。

え
価値は相手が決めるもの。
もっと自分を出して、
世の中に自分の価値を決めてもらった方がいい。
改めて声にだしてみると、勇気がわいてくる。
出し惜しみなんてしてる場合じゃないよ!
もっと肩の力を抜いて、どんどん発信していかないとね!
ABOUT ME
さとゆみ@ベンチャー専任フリーランス
数年前に原因不明の大病を疑われたのを機に今後の生き方・暮らし・働き方を見直し、会社員歴15年以上にピリオドを打つ事を決意。 昨年末、ベンチャー企業の「猫の手」としてベンチャー専任フリーランスとして独立。 5年後に東京⇔軽井沢の2拠点生活が目標。ときどきワークショップ/珈琲ユニットKAFE TRIO