整理整頓

ネットで服を買う時に失敗しないポイント

最近、服はもっぱらネットで購入派@さとゆみ(yumikosato_)です。

人に話すと「ネットで購入って、サイズ合わなくないの?」「失敗しそうで怖い」と言われることがあります。

さとゆみ
さとゆみ
私も結構失敗したから、わかる。

でも数をこなすと慣れてくるんですよね。せっかく買ったのに着ない理由を考えていくうちに、最近は失敗が減ってきたように思います。と言うことで今回は、ネットで服を買う時に失敗しないポイントについてお伝えします。

ネットで購入するメリット&デメリット

この記事を書きはじめた時、ミニマリストのおふみさん(@ofumi_3)のこんなTweetを発見!

ブログにはおふみさんのネットで服を買わない理由がわかりやすく書いてあります。
▼ミニマリスト日和 服は通販で買わない

ネットで服を購入すると、失敗する理由

ネットの画像で見たらいい感じだったのに、思ってた感じと違う

おふみさんがブログで書いているように、ネットで服を購入した時の要因って、この一言につきるんじゃないでしょうか。この「思ってた感じ」の要因こそ、失敗する原因なんですよね。

さとゆみ
さとゆみ
失敗する要因って、こんな感じ。

ネットで服を買うデメリット

サイズが合わない(大きい・小さい)
② 素材が微妙(手触り・質感)
色味が微妙
デザインが思ったより○○だった

もちろん、メリットも沢山ある!

友人の友人がここ数年ネットでしか服を買っていないそうです。

このブランドならサイズ感もわかっているし色味もなんとなく想像がつくし絶対の信頼を寄せているので、安心して買っているとのこと。なるほど。

小さなお子さんがいるママさんなど気軽に外に出かけられないような場合にも、やはり通販は強い味方なのだと思います。

またまた、おふみさんのブログの引用。ご友人のように、気軽に外に出れなかったり、忙しくて店舗へ行けない方には、やっぱり便利なんですよね。

ちなみに私は、

さとゆみ
さとゆみ
最小限の気に入った服を繰り返し
着れればいいという考えの持ち主

です。

ネットで服を買うメリット

時間に関係なくいつでも購入できる
 店舗に出向く・試着する手間が省ける
コーディネートをじっくり考えて購入できる

①②はもちろん、私的には③のメリットが大きいかも。基本的に、服の数は季節のトップスとボトムが3枚ずつと、オールシーズン着れる服が数枚あればいいと思っているので、全て1軍として他のアイテムと組み合わせできないと困るんですよね。

なので、購入したい服を見つけたら、手書きでイラストを書いてコーディネートを確認してます。

ネットで服を買う時に、失敗しないポイン

さとゆみ
さとゆみ
もう1度、ネットで服を買う
デメリットを思い出してね。

ネットの画像で見たらいい感じだったけど、思ってた感じと違った

ネットの画像で見たイメージ ー 実物の差 = 失敗 になるんですね。という事は、極力その差が生じにくい選択をする事が、失敗しないポイントになります。

さとゆみ
さとゆみ
これを意識して選ぶと、
失敗しにくいよ

素材➔タグをしっかり確認!綿・ポリエステル等、想像しやすい素材を選ぶ
デザイン➔シンプルが1番!着ないとわからないライン重視の物は除外
サイズ➔フィットしすぎないこと!ゆとりを持ったデザインを選ぶ
色味➔モノトーンか、ハッキリした色を選ぶ。ニュアンスカラーは除外

でも、結局一番言いたいのは…

ネットで服を買う時は、100%失敗しない事は求めないこと

さとゆみ
さとゆみ
これ、大事。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ABOUT ME
さとゆみ@ベンチャー専任フリーランス
企画・制作の経験を経て、ベンチャー企業で貸し会議室、レンタルオフィス、レンタルボックス、コワーキングスペース、パーティー会場等の立上げ・マネジメント、ワークショップの企画・開催等を10年程携わった後、退職。 これからは多拠点生活でも成り立つ働き方をしたいと思い、2017年末に独立。5年後に東京⇔軽井沢の2拠点生活が目標。 得意技はカオスな環境の中で突き進む事。ヒト・モノ・コトを整理・整頓すること。趣味の『片付け』は、頭と心をクリアにすることを担っている。今後は、成し遂げたい想いのある人をサポートするコンテンツプランナーとして活動予定。